back 1 2 3 4 5 6 next

全情連の業務内容と情報センターのご紹介

全情連の業務内容
昭和47年にわが国最初の消費者金融専業者による個人信用情報機関として大阪で(株)レンダースエクスチェンジが設立され、その後全国各地に同様の個人信用情報機関が設立されました。全国信用情報センター連合会(略称:全情連)は、昭和51年に10の個人信用情報機関(情報センター)で設立され、現在では、33の情報センターで構成される連合体として機能しています。当連合会では、お客様のプライバシーを尊重するため、関係法令を遵守し、また、自主ルールとして個人情報保護に関する倫理綱領やコンプライアンスマニュアルを定めるなど、公共的な使命を有する機関として消費者信用の健全な発展を図りつつ、個人の信用情報の保護に努めています。また、33情報センターが共通で運営する制度・規程等を立案するとともに、会員並びに情報センターにおける円滑な信用情報交換業務の運用に係わる意思決定を行っています。
その他、消費者啓発のためのツールの作成やCRIN企画・運営を実施している三者協議会の一員としての活動も行なっています。

情報センターのご紹介
当連合会加盟の33情報センターは、消費者金融専業者を会員とした個人信用情報機関です。
情報センターは、お客様の消費者ローンなどお取引に関する情報を登録し、これをお客様の返済能力の調査のため、加盟する会員が照会した場合に、参考資料として提供する機関です。
情報センターは、貸金業者を株主とするそれぞれ独立した法人ですが、全情連で定めた信用情報交換業務に基づき統一した業務運営を行なっています。
情報センターでは、会員制度を設けており、入会資格基準を定め、会員の入会に際し厳選な審査を行なうとともに、加盟会員との間に信用情報交換契約を締結し、情報の適正な取扱い、目的外利用の禁止、罰則規定など、会員の管理を徹底し、個人信用情報の保護に努めています。
また、情報の正確性、最新性を維持するための情報の管理や消費者のプライバシー保護の観点から消費者対応も主な業務としています。
なお、個人信用情報システムの開発・運用については、共同出資による別法人に委託しています。
全国信用情報センター連合会加盟の情報センター

back 1 2 3 4 5 6 next


Copyright(C)2003 Federation of Credit Bureaus of Japan All Rights Reserved.