back 1 2 3 4 5 6 next

全情連グループ

(株)アイネット(I-Net Corp.)
アイネットは、全情連の個人信用情報システム「STARS」のソフトウェアに関する企画、開発、専用端末機アイネットターミナルの開発、管理並びにCPU接続に関する許諾業務を行なっています。なおSTARSのシステムの運用については(株)日本情報センター(JIC)に委託しています。

(株)日本情報センター(Japan Information Center Corp.)
日本情報センター(JIC)は、信販・クレジット業界及び銀行業界の個人信用情報機関と相互に情報交流(CRIN)を行なうための全情連側の窓口機関として設立されました。
日本情報センターは、アイネットから委託を受け消費者金融専業界の個人信用情報システムである「STARS」、電話帳情報提供サービスである「CRDB」のシステム運用を行なうとともに、他業界の信用情報機関との信用情報相互交流ネットワークである「CRIN」、官報に公告された破産宣告等の公的記録情報を提供する「PRIS」の企画・開発・運用を行っています。
また、JICでは個人信用情報を取扱う業務に対する社会的責任をふまえ、情報の適正な取扱いに関わる第三者認証である(財)日本情報処理開発協会認定の「プライバシーマーク」及び「情報処理セキュリティマネジメントシステム(ISMS)」を取得し、より一層の安全管理に努めています。

(株)テラネット(Tera Net Corp.)
テラネットは、消費者信用を業とする幅広い業者を対象として適正な与信に基づく多重債務者発生の防止を目的として設立された個人信用情報機関です。
テラネットは、主にクレジットや消費者ローンの利用に係わる信用情報を収集し、これを加盟する会員に対して、お客様の返済能力調査のための参考資料として提供しています。
33情報センターとテラネットは、残高有件数情報の相互交流を行なっています。
これにより、顧客の他業態での利用状況を確認することができ、与信判断に一層の効果を上げることができます。



back 1 2 3 4 5 6 next


Copyright(C)2003 Federation of Credit Bureaus of Japan All Rights Reserved.